newaリフト ウルセラ

MENU

newaリフトとウルセラならどっちが良いの?

NEWAリフトは家庭用のたるみ引き締め美顔器、ウルセラは、美容クリニックでたるみのリフトアップに使われる機器として現在とても人気があります。

 

 

NEWAリフト(ニューアリフト)もウルセラも、どちらも「たるみ」に効果が高く人気があるため、選ぶならどちらが良いのか?といった疑問が浮かびますね。

 

自分に合った満足できる選択のためにも、NEWAリフト(ニューアリフト)とウルセラの仕組みや、どちらが効果的なのかをよく理解するところから始めましょう。

NEWAリフトは高周波、ウルセラは超音波。その違いが意味するところは?

NEWAリフトとウルセラは、大雑把に言うとどちらも「肌に熱を与えてたるみを改善する」という仕組です。が、実際にはそれぞれが効果を発揮する方法はだいぶ異なります。

 

まず、NEWAリフト(ニューアリフト)は「高周波」を採用しています。高周波は電気的なエネルギーで、真皮層〜皮下組織に届き熱を発生することで、肌を引き締めたり、コラーゲン生成を促進したりします。

 

 

 

それに対してウルセラは「超音波」を採用しています。超音波を1点に集中して照射することで摩擦熱を発生させるのですが、その作用は筋膜(筋肉を覆っている膜)にまで到達します。

 

 

 

つまり、NEWAリフトとウルセラでは作用する位置が違うということですね。

NEWAリフトとウルセラは作用する位置が違うので、効果の中身も変わってくる

上記の通り、NEWAリフトの高周波は真皮層〜皮下組織に作用して熱を発生することで効果を発揮します。

 

真皮層から皮下組織で熱を発生すると、即効的には皮膚のコラーゲン組織が収縮し、肌が引き締まります。また長期的には、皮膚の中に熱刺激が加わったことを、火傷による損傷と皮膚が感知(誤解)し、その損傷を治そうとする過程で皮膚細胞のコラーゲンの生成が促進されます。

 

つまり、NEWAリフトは熱で即効的に肌を引き締めつつ、長期的にコラーゲンを増やして弾力をアップさせることでたるみを改善(引き締め)していくタイプの美顔器と言えます。

 

一方のウルセラは、真皮層から皮下組織より深い部分にある筋膜に作用する美容機器です。

 

この筋膜は、さらにその下にある筋肉と癒着すると動きが悪くなり、顔のたるみの原因となってしまうとされます。ウルセラは、そこにピンポイントで超音波の刺激を与えることで引っ張り上げることができるため、たるみの引き上げ(リフトアップ)が得意な機器ということができます。

 

このように、NEWAリフトとウルセラではお肌への作用が全く違うんですね。

NEWAリフトとウルセラはどっちが効果的?どっちがいいの?

では、NEWAリフト(ニューアリフト)とウルセラならどちらが効果的なのか、そしてどちらを選んでおけば失敗しないでしょうか?

 

この判断は、いくつかの側面から考えることができます。

まず、金額面。

NEWAリフト(ニューアリフト)は本体が62,800円と家庭用の美顔器の中では少々高額な部類に入りますが、それでも1回購入してしまえば専用ジェルの出費を除けばそれ以上の出費は発生しません。

 

一方、ウルセラは美容クリニックに通って施術を続けるのが前提となります。クリニックによって異なりますが、ウルセラは一回の照射で20万〜30万円かかります。効果を継続させるためには半年〜1年に1程度施術を受ける必要があることも多く、NEWAリフト(ニューアリフト)と比較してもかなり高額となります。

 

NEWAリフト(ニューアリフト)では施術からその後の長期的なメンテナンスまで家庭で自分で行えると考えると、かなりお安いたるみ対策となると言えます。

次に、効果の面。

そうは言っても、ウルセラは高い分それだけの効果があるのでは?という疑問も当然出てきます。

 

確かにパワー自体は、家庭用美顔器であるNEWAリフト(ニューアリフト)は美容クリニックで使われるウルセラには敵わないでしょう。

 

ただ、上で仕組をご紹介した通り、そもそもNEWAリフト(ニューアリフト)とウルセラはたるんだ皮膚の中でもターゲットとしている部分が異なります。このため、厳密には、どちらの効果が高いかということではなくて、目的に応じて使い分けるというのが本来の姿ではないかと思います。

 

実際、美容クリニックによってはウルセラとサーマクール(NEWAリフトと同じ高周波を利用した機器)の併用がベストだとしているところもあるようです。なので、例えばウルセラの施術を受けて、日々の家庭でのメンテナンスはNEWAリフト(ニューアリフト)で行う、といったことも可能になりそうです。

そして、実際の満足度の面。

ただ。

 

上記のように「目的に応じて使い分ける」とはいっても、実際に「真皮層から皮下組織を引き締めたい!」とか「筋膜をリフトアップしたい!」という風にピンポイントで考えることは少なくて、要は「顔のたるみをどうにかして若々しい印象にしたい!」ということなんですよね。

 

その意味では、家庭用美顔器であるNEWAリフト(ニューアリフト)のパワーの引き締め効果で充分に顔の印象が若々しく変わって満足している人はとても多く(管理人も含めて)、NEWAリフト(ニューアリフト)で充分にたるみ対策はできるのではないかなと思います。

最後に、ウルセラに決めたときの注意点

最後に、ウルセラにしてみる場合の注意点を一つご紹介しておきます。

 

それは、クリニックをいくつか比較して、カウンセリングなどもきちんと行ってくれるところ、またウルセラの実績例を多く持っているところを選ぶようにする、ということです。

 

というのは、ウルセラがターゲットとしている筋膜の範囲は狭いこともあり、正しい部位に照射するには施術する人の技術が重要になってくるのですね。

 

なので、同じウルセラでも施術する人の腕で効果が左右されかねないため、それだけ実績を積んでいるクリニックを注意深く選ぶ必要があるのです。

 

 

 

以上、NEWAリフト(ニューアリフト)とウルセラの効果やどちらを選ぶべきかの判断のために検討すべきことをまとめてみました。どちらも高い効果が評判でなかなか迷うところではありますが、当記事などもご参考に判断してみてくださいね。

 

なお、当サイトでは管理人がNEWAリフト(ニューアリフト)を使ってみた効果について画像とともにご紹介していますので、そちらもあわせて参考にしてみてください。

 

 

NEWAリフト(ニューアリフト)のケアを始めて3ヶ月でこれだけの効果を得られましたよ♪

 

>>NEWAリフトでこんなに効果が?!画像付きレビューをチェック!
(このレビューはNEWAリフトとトリアの比較となっています)